『SteelSeries Prime Mini Wireless』レビュー。eスポーツプレイヤーと共同開発したゲーミングマウスの使用感まとめ

SteelSeries Prime Mini Wireless

皆様は「マウス沼にハマる」という言葉をご存知だろうか?誰が最初に作った言葉なのかは分からないが、私は今この言葉を現実として体験している。そう、私は今「マウス沼」にハマっている。

そんな「マウス沼」にハマっている方に『SteelSeries Prime Mini Wireless』は良い散財アイテムになるのではないだろうか。非常に優れた性能を持ったプロ仕様アイテムなので、満足すること間違いないだろう。また、最近PCゲームをやり始めて何を買えばいいか分らない方も是非参考にして欲しい。きっと物欲センサーが反応するはずだ。

『SteelSeries Prime Mini Wireless』の外観

粗い質感を出したマットな仕様

こちらが『SteelSeries Prime Mini Wireless』の外観だ。余計な要素をすべて取り除き、粗い質感を出したマットな仕様でシンプルでカッコいい。黒のガジェット好きは唸ること間違いないだろう。また、サイドにはボタンが2つ付いており好きなボタンを設定可能。本体サイズが小さいため「サイドボタンが押しにくい」という心配は要らない。ただ、個人的には反対にもボタンが欲しかったのは内緒

細かいが別の点でいうと、接続・充電用のUSB端子が「 Type-C」なのも嬉しいところ。他の端末のケーブルをそのまま流用できるので、余計なケーブルを常備しなくても良い。

『SteelSeries Prime Mini Wireless』の特徴

eスポーツプレイヤーたちと共同開発したプロ仕様のマウス

『SteelSeries Prime Mini Wireless』最大の特徴として、100名を超える世界でトップクラスのeスポーツプレイヤーたちと共同開発したという点があげられる。eスポーツ界において「勝利する」ことだけを突き詰めてデザインされた、スタイリッシュなデザインと高い信頼性は、まさしく「プロ仕様」と言えるだろう。プロが開発したと聞くだけで安心感があるのが良い。

eスポーツ界で初の『光磁気スイッチ』を搭載

『SteelSeries Prime Mini Wireless』の特徴として、次に「光磁気スイッチ」を搭載している点があげられる。光磁気スイッチとは「Prestige Optical Magnetic™スイッチ」で、使い始め初日の新鮮さが約1億回クリックしても持続するため、世界で最も信頼性の高いスイッチとなっている。

ゲーミングデバイス市場に出回っている他のスイッチは、使っていくうちに遅くなり効きが悪くなっていくのは避けられない。『SteelSeries Prime Mini Wireless』は、従来のメカニカルスイッチと比べても壊れにくく、常に新鮮な状態で使用できる。光学センサー、特大スプリング、磁気連結を組み合わせることにより、遅延なし、デバウンス、メリハリのある一貫性のあるクリック感を得られるのが魅力だ。

従来のメカニカルスイッチとのクリック音の比較

  • Prestige Optical Magnetic™スイッチ
  • 従来のメカニカルスイッチ

『Prime Wireless』から更に小型化・軽量化

『SteelSeries Prime Mini Wireless』は、同じシリーズのマウス『SteelSeries Prime Wireless』の性能はそのまま、さらに小型・軽量化されたモデル。Prime Wirelessから、約9%の軽量化を図り小型に設計・製造しながらも、Prime Wirelessの特徴的な「手にピッタリなじむ人間工学に基づく形状」と「eスポーツに対応させる最先端技術」を維持している。

通常モデルの『SteelSeries Prime Wireless』と比べても本体の形状はそのままで、一回り小さくなった印象。比較的手が大きい私でも、全く小さいとは感じない。むしろフィット感は最高だ。通常モデルの『SteelSeries Prime Wireless』が大きくて合わなかった方や手が小さい人には良い選択肢になるだろう。

『Quantum 2.0 Wireless』を採用

『SteelSeries Prime Mini Wireless』は、名前の通りワイヤレス仕様のゲーミングマウスで、SteelSeries独自の「Quantum 2.0 Wireless」を採用している。Quantum 2.0 Wirelessは、デュアルチャンネルの高度な最適化を使用した新しい最先端のワイヤレステクノロジーで、有線接続時と全く変わらないパフォーマンスを実現している。

実際にゲームプレイで使用したが、遅延や接続不良など全く無くむしろ快適に使えている。初めてワイヤレスゲーミングマウスを購入する方は不安に思うだろうが、『SteelSeries Prime Mini Wireless』は安定して使えるためおすすめだ。

『TrueMove Airゲーミングセンサー』を採用

『SteelSeries Prime Mini Wireless』は、『TrueMove Airゲーミングセンサー』を採用している。TrueMove Airゲーミングセンサーとは、真の1対1トラッキング機能を搭載して、SteelSeriesとPixArtによって専用にデザインされたセンサー。マウスとマウスパッドのどのような組み合わせよりも、優れたパフォーマンスを発揮できるよう専用にデザインされているうえ、マウスをいったん持ち上げた後、傾けたまま置いた場合でも高精度追跡機能は一貫性を失うことがないため、最も激しいゲームプレイ中でも追跡エラーが発生することはない。

ON-BOARD PROFILESで最適な設定に素早く調節

『SteelSeries Prime Mini Wireless』は、オンボードでカスタム化できる。4段階のポーリングレートおよび最多5項目のプリセットかあるいはカスタマイズ済みCPIをマウス上で直接選択して、プレイ中のゲームに最適な設定にすばやく調節可能だ。

専用ソフトウェアで細かい設定が可能

『SteelSeries Prime Mini Wireless』は、専用ソフトウェア「SteelSeries Engine」に対応している。SteelSeries Engineを使用することで、マウス感度のレベル、CPIの調整やサイドボタンの割り当て変更なども可能。自分好みに設定にして使いやすさを向上させよう。

まとめ:実際に使ってみた印象

圧倒的に操作感が良いゲーミングマウス

『SteelSeries Prime Mini Wireless』を実際に使ってみて、圧倒的に操作感が良いゲーミングマウスだなと感じた。私は比較的手が大きい方だが、いわゆる「つかみ持ち」で操作するため非常に持ちやすい印象。主に「APEX」や「VALORANT」で使用したが、細かい設定もソフトウェアで可能なため満足して使用できている。

大きさに関しては『Prime Wireless』と『Prime Mini Wireless』の2パターンで選択できるため、自身に合う方を選ぶのが良さそうだ。また、実は有線モデルの「Prime」や「Prime mini」も存在し、価格差は約1.5倍近くあるため、もし不安な方は有線モデルから手を出すのも良いだろう。気になる人は今後のためにもぜひすぐに購入を検討してほしい。

『SteelSeries Prime Mini Wireless』の製品情報

この製品を購入する