『NEUMANN TLM102』レビュー。ノイマンの低価格で高品質なコンデンサーマイクの使用感まとめ

皆様はゲームを遊ぶ中でボイスチャットを活用していますか?ボイスチャットでは「Discord」の活用も増え、ボイスチャット用マイクの導入を検討している方も多いのでは無いでしょうか。また、最近では気軽にゲーム配信も可能になり、ますます機材の需要が高まっていると感じる。

その中で、もう少し良い音質で通話・配信を行いたい、また音楽活動やPodcast配信などの活動に興味があるといった方向けに、私が何年も愛用しているマイク業界では超有名メーカー「NEUMANN」のエントリーモデル「TLM102」を紹介したい。圧倒的に高い品質ながら、比較的低価格で手に入るこの商品を是非チェックしてほしい。

『NEUMANN TLM102』の外観

無駄を削ぎ落としたシンプルなデザイン

こちらが『NEUMANN TLM102』の外観だ。最近のマイクは特徴的な形状をしているものが多いが、とても余計な部分を削ぎ落としシンプルでカッコいい。また、地味にキラリと光るグリルリングもGOOD。また、私が所有しているのは「ニッケルver」だが「ブラックver」も販売されており、こちらも統一感があって素晴らしい外観。特に黒いガジェットを集めている人にとっては、テンションが上がる一品かもしれない。

コンパクトで持ち運びにも最適

『NEUMANN TLM102』の魅力としては、そのコンパクトさも上げられるだろう。本体寸法・重量「116×52mm、260g」と圧倒的小ささ。レコーディングなどにも最適なサイズだ。高いスペックを所有しているのにも関わらず、「小さくて可愛い」外観も『NEUMANN TLM102』の魅力のひとつと言えるだろう。

『NEUMANN TLM102』の特徴

『NEUMANN TLM102』のデモ音源

外観からは想像できないスペック

『NEUMANN TLM102』最大の特徴として、外観からは想像できないスペックが挙げられる。上記にも記載したが、「小さくて可愛い」外観からは想像が付かないほどのスペックを所有。最大入力音圧レベルが144dBと大きな音にもしっかりと対応できるうえ、大体6kHz以上がわずかにブーストされている感覚で、EQなどをまったく触る必要がないレベルで仕上がる。

細部に至るまで細心の注意を払ってドイツで設計・製造された真のノイマンであり、ボーカルやナレーションなどを録音した際にも、嫌なノイズが無く、音がしっかり前に出てくる印象。聴いていてとても心地良い。

守備範囲が広く汎用性が高い

『NEUMANN TLM102』の特徴として、守備範囲が広く汎用性が高い点も挙げられる。「声」はもちろんだが、アコースティックギターやドラムといった楽器にも対応できる。TLM-102は、コンデンサーマイク特有の「シャリシャリ感」が無いため、自分が録りたい理想な音を収録できるのが魅力だ。

『NEUMANN TLM102』の注意点

コンデンサーマイクなので揃えるものが多い

『NEUMANN TLM102』は、コンデンサーマイクなので本体のみでは使用することはできない点に注意。特にPCにつなげたい場合には「オーディオインターフェース」が必要になる。オーディオインターフェースとは、マイクや楽器をPCに繋ぐための機器で、マイクや楽器などのアナログ音声信号をデジタルに変換し、PCで取り扱うことのできるデータに変換する役割を持っている。

『NEUMANN TLM102』と一緒に揃えたいおすすめアイテム

ショックマウント : RYCOTE InVision USM

『NEUMANN TLM102』の購入と同時にショックマウントも一緒に揃えるのがおすすめ。『NEUMANN TLM102』自体にはショックマウントが付属していないうえ、公式のショックマウントは約3万円以上と中々高額。そこでおすすめしたいのが『RYCOTE InVision USM』。マイクによって調整可能で汎用性が高く、もちろん『NEUMANN TLM102』との相性はバッチリだ。

ポップガード : GRANPRO

『NEUMANN TLM102』の購入と同時にポップガードも一緒に揃えるのがおすすめ。ショックマウント同様に、『NEUMANN TLM102』自体にはポップガードが付属していない。そもそも、NEUMANN TLM102にはポップガードは不要との意見もあるが、付けておくと安心だ。特におすすめなのは『GRANPRO』。非常に安く必要最低限の機能はあるため十分だ。

まとめ:実際に使ってみた印象

1本は持っておきたい最高のマイク

『NEUMANN TLM102』を実際に使ってみて、1本は持っておきたい最高のマイクと感じた。やはりTLM102の魅力は「コンパクトなのに高スペック」な点。さすがは『NEUMANN 』で、コンパクトながら、最大入力音圧レベルが144dBであり外観からは想像できない性能だ。

また、肝心な音もしっかり前に出てくる印象で聴いていてとても心地良い。非常に汎用性が高いコンデンサーマイクでボイスチャットや配信にもおすすめ。気になる人は今後のためにもぜひすぐに購入を検討してほしい。

『NEUMANN TLM102』の製品情報

この製品を購入する