ここから始めよう。FREEZE!!の読み方。 詳しくはこちら

ランクはいつまで?新ランクシステムの変更点と報酬【シーズン13】

APEXランク
URLをコピーする
URLをコピーしました!
目次

シーズン13のランク(スプリット1)はいつまで?

6月29日(水)AM2:00まで!

APEXシーズン13
スプリット1開催期間2022年5月11日(水)2:00~6月29日(水)2:00
スプリット1マップストームポイント
スプリット2マップワールズエッジ

APEXシーズン13スプリット1は、6月29日までの開催です!29日午前2時からは、スプリット2が実施され、マップローテーションは「ワールズエッジ」です!

新ランクシステムの変更点まとめ

シーズン13からの新ランクシステム要素
・スプリット切り替え時のランクリセット値が6ディビジョン(1.5ティア)から4ディビジョン(1ティア)に変更
→例えば、ダイヤ1のプレイヤーはプラチナ1にリセット
・全ランク帯において挑戦時に必要なRPが-10ポイント
・キル数による獲得ポイントの増加
・高いランクティアプレイヤー撃破時のポイント増加

ランクの基本ルール/仕様

  • ランクはプレイヤーレベル10で解放される
  • ポイントを盛って上位ティアを目指すモード
    • 全8つのティアが存在する
    • 最上位750名が「プレデター」
  • シーズンには2つのスプリット(前半/後半)が存在
  • ランクは下位ティアに降格する
    • 3回までは降格保護あり
    • 4回目以降は1つ下のランクの50%RPまで減少
  • ランクはスプリット切り替えでリセット
  • パーティでのプレイ時はより上位ティアな方でマッチング

ランクはプレイヤーレベル10で解放

APEXのランクマッチをプレイするためには、まずプレイヤーレベルを10以上にする必要があります。9以下の状態だとそもそもランクをプレイできないので注意しましょう。

プレイヤーレベルは、カジュアルやアリーナをプレイすると上昇していきます。また、フレンドとプレイすると効率よくレベルが上がるのでおすすめです。

ポイントを盛って上位ティアを目指す

ランクモードの基本的なルールとしては、順位やキルポイントを争い、RP(ランクポイント)を伸ばしてより高いティアを目指すというものです。カジュアルとは異なり、味方との連携が前提であり、不利/有利ポジの観点に基づいた位置取りなども重要となってきます。

全部で8つのティアが存在

集めたRPが一定数に到達すると、ティアが上昇します。APEXには、全部で8つのティアが存在し下位から「ルーキー、ブロンズ、シルバー、ゴールド、プラチナ、ダイアモンド、マスター、プレデター」に分けられています。

最上位ティアである「プレデター」のみ、他のティアとは少し概念が異なり、「マスター上位750名=プレデター」となっています。よくソロでの最終目標は「マスター」という意見も飛び交うAPEXですが、プレデターはそれだけ難しい難易度であるということです。

シーズンには2つのスプリット(前半/後半)が存在

ランクには、プレイできる期間が定められており、1つのシーズンの中には2つのスプリットが存在します。例えば、シーズン10という一つのシーズンの中に前半戦と後半戦があるみたいなイメージです。

ここでランク報酬は2つもらえるのか?という疑問が湧いてくる方もいるかもしれないですが、そうではないです。あくまでランク報酬は、「特定のシーズン中における最高到達ティアに基づいた報酬」が次のシーズンに配布されます。なので、スプリット1はマスターに到達できたものの、スプリット2はダイヤで終わってしまったという場合でも、マスターの報酬がもらえます。

ランクはスプリット切り替えでリセット

上記の通り、1つのシーズンには2つのスプリットが存在します。そのタイミングでランクが一度リセットされ、またランク上げの日々が始まります。

リセット時には、1つ下のランクに落とされるので、ダイヤ1の方はゴールド1から次のスプリットに挑むことになります。

パーティでのプレイ時はより上位ティアな方でマッチング

フレンドとパーティを組んでランクマッチに挑む際は、より高いティアに属するユーザーをもとにマッチが開始します。なので、仮に自分よりもフレンドの方が強く高ティアの場合、自分が接敵する敵もその分強いので注意しましょう。

プラチナ以上の場合はランク差1のみ許される

パーティ内にプラチナ以上のプレイヤーがいる場合、そのパーティに参加できるプレイヤーはランク差が1以内までという制限があります。なので、プラチナのプレイヤーとシルバーのプレイヤーは一緒にランクマッチに参加できません。

ランク報酬【シーズン13】

ダイヤ以上でダイブ軌道とバッジがもらえる

APEXシーズン13ランク報酬
シーズン13ランク報酬(シーズン14に受け取れる)

APEXのランク報酬の最も大きな2つの存在として「シーズン限定ダイブ軌道」と「バッジ」があります。それぞれ、シーズン中に到達した最高ティアの報酬が次シーズンで受け取れるようになっています。例えば、シーズン10でダイヤに到達したことがあれば、シーズン11でダイヤのダイブ軌道とバッジがもらえるといった感じです。

ただし、1点注意点があり、ダイブ軌道に関しては2021年12月のアップデート以降、1シーズン限定で使えるように変更された(正しくはバグが修正された)ので、永遠に残る報酬としては「バッジ」がメインになる

ダイブ軌道は4シーズン毎に使いまわし

ダイブ軌道は、4シーズン毎にループして同じデザインのものが配布されます。なので、どんな「今回のランク報酬ではどんなデザインの軌道がもらえるんだろう?」と疑問に思った際は、今のシーズンから-4したシーズンのダイブ軌道を確認してみてください!そのダイブ軌道が次のシーズンで受け取れることになります!

ランクのおすすめな立ち回り最新版【シーズン13】

  • TOP10付近までは安置移動を優先し接敵を回避
  • ファイトは原則漁夫狙い
  • 最終円は可能な限り広くエリアを確保

TOP10付近までは安置移動を優先し接敵を回避

シーズン13では、より順位ポイントが重要となったため、基本的に安置移動を優先して陣地確保をしましょう。仮に安置移動中に接敵した場合も、以下で記述する漁夫以外では戦闘をしかけることは絶対にやめましょう。

目安として、上位10位に入るまでは安置移動を行い、それ以降は戦闘しあっている敵を見つけ次第漁夫を狙ってキルポイントも稼ぐのがおすすめです。

初動被りもNG

上記の通り、シーズン13における序盤の戦闘は旨味がかなり少ないです。なので、初動被りは基本避けるのがおすすめです。ドロップシップからジャンプルする際に、周囲を見渡して敵がいないエリアに着地をしましょう。

ファイトは原則漁夫狙い

そもそも、APEXというゲームは他のFPSゲームよりも1人当たりのHPが非常に高めに設定されています。なので、2つのパーティが1から戦闘を始めた場合、当たり前ですがインファイト(近接戦闘)力が高いパーティや、エイムが優れたパーティに軍配が上がります。

したがって、万人に共通していえるおすすめの立ち回りとしては、「ファイトをするなら漁夫メイン」の考えでいた方が良いです。漁夫とは、他2パーティ以上が近接で戦っているのを見つけ、それぞれのパーティが弱っている隙に全滅させる戦術を言います。

ただし、以下2点を守らなければ、逆に自分のパーティにヘイトが移ってしまい、部隊壊滅の危機に襲われる可能性もあるため注意しましょう。

漁夫を狙う際は1~2ダウン確認が取れてから行動する
→あまりにも早いタイミングで突っ込むとそれまで戦っていたことが嘘かのように自パーティにヘイトが向く。
→キルログや目視で状況確認が重要

自分のパーティ含め4パーティ以上いないか周囲を確認する
→4パーティ(=戦闘しているパーティ2+漁夫を狙う自分たちのパーティ1+そのまた後の漁夫を狙うパーティ1)いる状態で自分たちが漁夫に成功しても、最後の4パーティ目に更に漁夫られる
→敵も「漁夫メイン」思考であることを念頭に置く

最終円は可能な限り広くエリアを確保

最終円(ラウンド6)での戦闘時は、それ以外の戦闘とは少し戦い方を変える必要があります。その中で最も重要なことは、「いかに自分たちのパーティのエリアを拡大させるか」です。具体的には、自分たちのパーティ3人が1点に固まるのではなく、カバーが行いあえる範囲の中で可能な限り広がって陣地を確保するということになります。

APEXをプレイされた方なら共感できるかもしれませんが、「なんかどこも射線が通って(通されて)戦いづらい」という状況があると思います。それは、相手のパーティが1点に狭くエリアを持っているのではなく、可能な限り広がってエリアを確保しあらゆる角度から射線を通せているためです。それを我々のパーティが率先して行いましょう、ということが最終円でかなり重要な意識になってきますので覚えておきましょう!

ただし、それよりも重要なことは「ダウンしないこと」なので、もしエリアを広く保つ中でシールドが割られたり、1人でいる箇所に敵が詰めてきたりした場合は味方の位置まで引きましょう。

ランクの強さキャラランキング【シーズン13/ストームポイント】

ランク最強キャラのTier表



Sランク


Aランク



Bランク
評価基準(FREEZE!!独自)

Sランク…遠距離レンジから近距離レンジでの戦闘に持っていくためのきっかけ作りがしやすい。ウルトとアビリティが頭一つ抜けて強力であり、戦闘の勝敗を大きく変化させられる能力を持つ。

Aランク…Sランクキャラの下位互換ではあるものの実戦で活躍できるレベルのキャラ単体性能。

Bランク…基本的にシーズン13におけるランクでの出番は少ないキャラ。筆者的にはみんな個性があって好き。

Share
URLをコピーする
URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

  • ゲーミングマウス
  • ゲーミングキーボード
  • ゲーミングモニター
  • ゲーミングヘッドセット
  • マウスパッド
  1. ゲーミングマウスパッド
  2. ゲーミングマウス
  3. ゲーミングマウス
  4. ゲーミングマウス
  5. ゲーミングマウス
  6. ゲーミングマウス
  7. ゲーミングマウス
  8. ゲーミングマウス
  9. ゲーミングマウス
  10. ゲーミングマウス
  11. ゲーミングキーボード
  12. ゲーミングマウス
  13. ゲーミングマウス
  14. ゲーミングマウス
  15. ゲーミングマウス
  16. ゲーミングキーボード
  17. ゲーミングマウス
  18. ゲーミングマウス
  19. ゲーミングマウス
  20. ゲーミングマウス
  1. ゲーミングキーボード
  2. ゲーミングキーボード
  3. ゲーミングキーボード
  4. ゲーミングキーボード
  5. ゲーミングキーボード
  6. ゲーミングキーボード
  7. ゲーミングキーボード
  8. ゲーミングキーボード
  9. ゲーミングキーボード
  10. ゲーミングキーボード
  11. ゲーミングキーボード
  12. ゲーミングキーボード
  13. ゲーミングキーボード
  14. ゲーミングマウスパッド
  15. ゲーミングキーボード
  16. ゲーミングキーボード
  17. ゲーミングキーボード
  18. ゲーミングキーボード
  19. ゲーミングキーボード
  20. ゲーミングキーボード
  1. ディスプレイ
  2. ディスプレイ
  3. ディスプレイ
  4. ディスプレイ
  5. ディスプレイ
  6. ディスプレイ
  7. ディスプレイ
  8. ディスプレイ
  9. ディスプレイ
  10. ディスプレイ
  11. ディスプレイ
  12. ディスプレイ
  13. ディスプレイ
  14. ディスプレイ
  15. ディスプレイ
  16. ディスプレイ
  17. ディスプレイ
  18. ディスプレイ
  19. ディスプレイ
  20. ディスプレイ
  1. ゲーミングヘッドセット
  2. ゲーミングヘッドセット
  3. ゲーミングヘッドセット
  4. ヘッドセット
  5. ヘッドセット
  6. ゲーミングヘッドセット
  7. ヘッドセット
  8. ゲーミングヘッドセット
  9. ヘッドセット
  10. ヘッドセット
  11. ヘッドセット
  12. ヘッドセット
  13. ヘッドセット
  14. ゲーミングヘッドセット
  15. ゲーミングヘッドセット
  16. ゲーミングヘッドセット
  17. ヘッドセット
  18. ヘッドセット
  19. ゲーミングヘッドセット
  20. ゲーミングヘッドセット
  1. ゲーミングマウスパッド
  2. ゲーミングマウスパッド
  3. ゲーミングマウスパッド
  4. ゲーミングマウスパッド
  5. ゲーミングマウスパッド
  6. ゲーミングマウスパッド
  7. ゲーミングマウスパッド
  8. ゲーミングマウスパッド
  9. ゲーミングマウスパッド
  10. ゲーミングマウスパッド
  11. ゲーミングマウスパッド
  12. ゲーミングマウスパッド
  13. マウスパッド
  14. ゲーミングマウスパッド
  15. ゲーミングマウスパッド
  16. ゲーミングマウスパッド
  17. ゲーミングマウスパッド
  18. ゲーミングマウスパッド
  19. ゲーミングマウスパッド
  20. ゲーミングマウスパッド
目次
閉じる